2015年の時計塔

【2015年の時計塔】FGOに至らなかった世界の一幕

Sponsored Link
こんばんは、まっさんです

今回ご紹介するのは「2015年の時計塔」です。
聞いたことないタイトルかもしれませんが、TYPE-MOONの魔術世界やFate/Grand Orderにも関わる要素が盛り込まれた作品です。

「2015年の時計塔」とは

「2015年の時計塔」は奈須きのこ先生の書き下ろし小説です。
初出は2014年にTYPE-MOON公式モバイルサイト「魔法使いの箱」で公開されたものですが、竹箒日記にてPDF版が配布されているので今は誰でも読むことができます。

「2015年の時計塔」が配布されている記事はこちら☟
竹箒日記2014/7/8

「2015年の時計塔」のあらすじ

「月姫」「魔法使いの夜」寄りの世界で、ある人物が現代を守るために行動したことで、FGOの世界に至らなかった。

とある魔術師の死。
レフ・ウヴァルと蒼崎青子、ライノール・グシオンと蒼崎橙子の会合。

そんなとある世界での一幕が描かれています。

こちらはFGOリリース前に公開された小説であり、「冠位指定グランドオーダー」について触れられています。

家系が持つはじまりの命令。
魔術世界におけるもっとも崇高な血の掟。
一族が途絶えるまでその使命に殉じさせる、呪いじみた絶対厳守の誇り。
それが冠位指定ーグランドオーダーと呼ばれるものだ。

2015年の時計塔p49

ある登場人物といい冠位指定グランドオーダーという設定といい、FGO開始時に「おっ」と思えるような仕掛けにもなっていますね(竹箒日記2015/8/14より)

私は「FGO」→「2015年の時計塔」だったので答え合わせみたいになってしまいましたが、当時「2015年の時計塔」を読んでからFGOを始めた方は一味違った感覚、楽しさを味わえたことでしょう。

2015年の蒼崎姉妹

蒼崎姉妹揃っての登場です。
橙子さんはエルメロイⅡ世の事件簿(2004年)では解除されていた封印指定を再度受けている模様。
青子は数年前に封印指定執行部を損壊させたとか…

やはりTYPE-MOON世界の魔術師の中で頭抜けて危険物ですね。

性格・生き方は真逆と言われるこの二人ですが、知人と会って開口一番「金貸して」とか、姉妹と比べられて口を尖らせたりと似たところもあるんですよね。

魔法使いの夜が1980年代後半。
空の境界が1995年~1999年。
ロード・エルメロイⅡ世の事件簿が2004年。
今回の舞台は2015年。

この時系列から考えると彼女たちの年齢は40代中盤と思われます。

かたや自分と寸分変わらぬ人形を作る冠位人形師。
かたや最新の魔法使い。
あんまり見た目が変わってるイメージは湧かないなぁ。
橙子さんにいたっては「学生時代より若々しい」なーんて言われてますしね。

あと最後に姉妹でご飯に行くシーンが好きです(小並感)

私、わりとDDなんですが、
まほよプレイしてからというものの蒼崎姉妹熱が高まっている!
空の境界もちょくちょく観直しはじめました。

喋って動く橙子さんはイイぞ!劇場版らっきょを観よう

「2015年の時計塔」まとめ

とある魔術師と蒼崎姉妹の会合が描かれた、奈須きのこ先生書き下ろしの小説です。
FGOに関わる設定も盛り込まれているので、読んでみると第一部の見え方が変わってきます。

そして蒼崎姉妹に会いたい方はぜひとも読みましょう

「2015年の時計塔」が配布されている記事はこちら☟
竹箒日記2014/7/8

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました

POSTED COMMENT

  1. […] けっこう深いとこにある天文台カリオンといえば封印指定を決めるところ。 かなりヤバそうな施設。 そしてこことやりあった青子さんよ(2015年の時計塔より) […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください