FGO

【FGO】2020バレンタイン④

Sponsored Link
こんばんは、まっさんです

今日はメインストーリー最終話&最後のフリークエストが開放されました。
ストーリークリアでイベント恒例の伝承結晶がもらえる高難易度クエストも開放です。
これで2020バレンタインイベントも一区切り。
あとはのんびり(あるいはせっせと)チョコをプレゼントするのみ。
まずは紫式部と清少納言を取り巻く物語の顛末を見てみましょう。

※イベントのネタバレを含むのでご注意ください。

 

 

八段 遠くて近きもの

闇に包まれた先に待ち受けていたのは

ロクジョウの名を与えられた雅で悪そうな清少納言。
源氏物語の登場人物が現れるこの異世界は「紫式部の夢の世界」だと言います。
しかしサーヴァントは夢を見ないはず・・・なぜこんなことに?

※心当たり

ほんとロクデモねぇ。

ロクジョウは聖杯のカケラにより具現化した「紫式部が思い描いていた清少納言」
なるほど確かに序盤で式部さんが説明した、あるいは紫式部日記で書かれているような人物像と一致します。

颯爽登場!

我らがなぎこさんこそが「2つ目のカケラに呼ばれた本物の清少納言」でした。

清少納言は枕草子を書き終えたことで役目を終えた。
中宮定子の魂が安らかであることを願い全てを捧げた。
綴りたい話がなくなるほど、新しく綴ろうという気持ちがなくなるほどに。
悲しみも恨みもなくなった「えせもの」だと自分を評するなぎこさん。
否定する紫式部。
ここで起きたこと、縁は本物だと伝えるマスター。

今回だけではありません。
今までも色々な世界に赴き、出会い、物語を紡いできたのがカルデアのマスターです。
史実上の本物か偽物が、どんな側面か、はたまた人々の願いから生まれた偶像か。
そんな定義よりも、どのような物語を一緒に紡いだのかが大事だと思います。

マスターの言葉にどちゃくそテンションが上がるなぎこさん!
ここで第二再臨!

決着、そして別れの時。

本音を知り、ついに理解し合えた二人。

 



そんなことはなかった。


無事元の世界に戻り、今回の顛末をマシュにお話し。

やはりマシュはカルデアの癒しである。


普通に食べてみたいです。
イベントとかで再現されないかな?

Twitterにあったイベントに関わる史実周りの考察解説が良い感じだったので引用しておきます。
よかったら覗いてみて下さい。

高難易度クエスト パリピ、カルデアに降り立つ。


アーチャーとキャスター。
はいはい、清少納言と無理やり付き合わされる紫式部ね。
わかってますよ、それぐらい。
長年の勘でね!

いざ尋常に!

!?!?!?

今日まさに事件簿(双貌塔イゼルマ)読み終わって、ロード・エルメロイⅡにエモーショナル・フルドライブだったのに。
これぞFGOクオリティ。

 詩姫集中砲火により10ターンでパリピ大軍師ソロに
地道に削ってフィニッシュ!

スクショ全然撮ってないし、攻略記事は書けません。
とりあえず「エルキドゥ全力単推しPT」でクリアしました。

ただただエルキドゥに活躍して欲しかっただけなんだ。

パリピ大軍師一人にしてしまえばこっちのものです。

おわりに

なぎこさんが明るくて可愛いし、くろひーを筆頭にネタも満載で楽しいイベントでした。
満足!
している場合ではなく、キラキラポイントもチョコプレゼントも全然進んでいません。
イベント礼装もドロップしていない。
ということで残り期間はサーヴァントとの会話を楽しみつつ、コツコツと進めていきたいと思います。

今日も最後まで読んで頂きましてありがとうございました

画像はFate/Grand Order©TYPE-MOON/FGO PROJECTより引用

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください